FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つま恋・その後


主役のいないつま恋は、思いもよらぬ優しさに満ちていた。
ただホールを眺めるだけで終わっていたら、疲労だけが残ったのかもしれない。

拓郎にとってつま恋は特別な地だ。
つま恋限定の日付が入ったTシャツを作るなど、気合いが入っていた。
だからこそ、追加のNHKホールは余計だったのかもしれない。
最後のツアーのファイナルはつま恋で、そんな思いが強かったはずだが、色んなしがらみでファイナルは東京になってしまった。

今回の体調不良は、どうも移動がきついのかもしれない。
大阪に向かう新幹線、つま恋に向かう車の中。
NHKが先でつま恋が後だったら・・・
おそらくNHKは乗り切って、その勢いでファイナルのつま恋まで突っ走れたかもしれない。
何となく、そんなことを考えていた。



0907312.jpg

その日のつま恋は、いまだに明けぬ梅雨空のせいで、雨こそ降らぬものの薄曇りで蒸し暑かった。

0907313.jpg

長い長い滑り台の上まで娘を連れて行くと、Tシャツはもうびっしょりだ。




帰ってからその日つま恋を訪れていた方のブログなどを見て回った。
ホールがファンに開放されていたのは、やはり木下さんのおかげだったとのこと。
木下さんとはつま恋のスタッフの方で、75年のライブから拓郎に携わり、拓郎が絶対の信頼を置いている方だ。

木下さんにとってもライブの中止は急なことだったらしく、それでもおそらく多くのファンが来るだろうからホールを開放しよう、ということになったらしい。

また、もし予定通りライブが開催されていたなら、チケットを持っていないファンも多くやってくるだろうから(エキジビションホールは壁がないので外でも音が聞ける)、裏の駐車場をビアガーデンにしてファンに開放する予定だったとのこと。

こんな優しい対応してくれる会場が他にあるだろうか。

主役のいないつま恋は、こんな優しさにあふれていた。
行ってよかった。


0907315.jpg

2006年は台風もそれて青空だった。
もう一度、つま恋の空の下、いつか、きっと・・・!

拓郎にとっても、僕たちファンにとっても、ここは「聖なる場所」なのだ。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Taka

Author:Taka
三重のバスフィッシングチーム
TEAM MIE BASS(TMB)のTakaがお送りするBLOG。
バスフィッシングのことはもちろん、伊勢のこと、美味しいもの、吉田拓郎のこと、エスクードのこと・・・etc.
三重県伊勢市在住40代。
過去の日記はこちらから↓
TEAM MIE BASS Website

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
潮汐表
お天気BOX









リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
FC2カウンター
フリーエリア
タイドグラフ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。