*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界新
琵琶湖で体長73.5cm、重さ10.12kgのブラックバスが釣り上げられた。
これまでの日本記録が2003年の8.62kg、
世界記録が1932年アメリカ・ジョージア州で釣れた10.09kgということで、
それを上回る重さとなる。
この魚を釣った釣り人は世界記録を認定する団体に申請中で、
認定されれば世界記録となる


もうみんな知ってると思うけど、琵琶湖で世界記録を更新するバスが釣り上げられた。
実に77年ぶりの記録更新。

77年前のバスは

0907071.jpg

Basser 1992年3月号の表紙の写真。
僕の記憶が確かならばこのバスが世界記録のバスのはず。

だけどググってみてもこの写真が見つからない。
世界記録のバスでヒットした写真はこちら。

0907072.jpg

そしてこのバスを越える琵琶湖のバスが

0907073.jpg

こいつである。

ちなみにこのバスはエサ(ギル)でキャッチされたそうだ。
このクラスになるとルアーには反応しないのか・・・

まぁルアーでもエサでもこの際いい。
この大きさのバスが琵琶湖に、日本にいる、と言う事実が大きい。

77年もの間、アメリカでは多くのアングラーが記録更新を夢見てきた。
大きなバスを育てる施設まで作って記録更新を試みている。
にもかかわらず、バスの祖国アメリカではいまだに記録が破られていないのだ。

アメリカのバスアングラーたちは今回の件、どのように思ってるんだろう。
日本にはすごい湖がある、そんな噂で持ちきりかもしれない。

そして彼らが、聖なる湖琵琶湖で、バスの駆除が行われていることを知ったらどう思うのだろう。
世界記録を超えるバスが、もっと大きくなるかもしれないバスが、駆除の名目で殺されていることを知ったら・・・

世界記録に満たないバスを「大きくなって戻ってこいよ」とリリースすることを禁じられていると知ったら・・・

彼らにこの事実を是非知って欲しい。
そして「間違っている」ともの申して欲しい。
「外圧」でしか害魚のレッテルは剥がすことができない気がするからだ。

琵琶湖は世界中のバスアングラーの聖地となった。
僕の投げたルアーに、世界記録のバスが食いつくかもしれない。
その可能性が「ゼロ」ではない、ということは、震えるほどすごいことだ。

ニュース動画

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Taka

Author:Taka
三重のバスフィッシングチーム
TEAM MIE BASS(TMB)のTakaがお送りするBLOG。
バスフィッシングのことはもちろん、伊勢のこと、美味しいもの、吉田拓郎のこと、エスクードのこと・・・etc.
三重県伊勢市在住40代。
過去の日記はこちらから↓
TEAM MIE BASS Website

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

ブログパーツ配布部屋
潮汐表
お天気BOX









リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
FC2カウンター
フリーエリア
タイドグラフ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。